読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカニズム+

趣味全開でゲーム、音楽、映画などのレビュー、旅行やライブレポを書いていきます

MENU

【レビュー】ばかうけ型UFOの登場する『メッセージ』神秘的で興味深いけど共感できなかった

こんばんは、白乃もかこです。


今回はちょっと久しぶりに映画のレビューを書きたいと思います。

見てきたのは、5月19日(金)より公開されているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による映画『メッセージ』
f:id:shiro_mokako:20170521180739j:plain
公開前からこのポスターの謎の物体(=宇宙船)がばかうけに激似とかなり話題になっていました。

栗山米菓 ばかうけ青のり 44枚入

何度見てもばかうけにしか見えないです。おいしそう。


最初知ったきっかけはばかうけだったんですが、予告編なども見ると結構おもしろそうだったので、
珍しく公開初日に見てきました。


ちなみに、ばかうけに似ていると話題になったあと、監督自らノリノリで

「ご推察の通り宇宙船のデザインは”ばかうけ”に影響を受けた。本当だよ」と言っている!ノリ良すぎだろ!!

映画『メッセージ』特別映像 ハリウッド新巨匠が”ばかうけ”からの影響を激白!

もちろんジョークだそうなんですが。好き。


ストーリー


映画『メッセージ』本予告編


テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」が原作となっていますが、小説と映画とでは展開等が若干異なるようです。
(ちなみに私は小説版は読んでいません)。


突然地球のあらゆる場所に現れた12隻の巨大な「ばかうけ型」の宇宙船。
それを操る宇宙人(ヘプタポッドと名付けられる)がなぜ地球にやってきたのか探るために、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)と数学者のイアン(ジェレミー・レナー)はアメリカ軍に雇われ、彼らとの接触を試みます。

苦戦しつつも彼らと次第に意思疎通を図れるようになり、最後に彼らが何を伝えようとしていたのかを知るルイーズ。

彼女が知るものとは果たして何なのか・・・最後には驚くべき展開が待ち受けています。


感想

※以下若干のネタバレを含みます。

まず初めに、この映画は突然地球に現れた宇宙人を倒すために、宇宙人vs人類みたいなドンパチ映画ではないです。

そういったものを想像して見に行くと期待外れでがっかりするかも。



何か一番印象的で面白かったかっていうと、宇宙人と人間のファーストコンタクト


荒野に若干浮いた状態でそびえている巨大な一枚岩のような不思議な形態の宇宙船。
(どんなに集中しようと思って映画を見ようとしてもばかうけにしか見えなかった自分が辛かった。

雅楽のようなぶわーーーーーんというBGMは映画館の大音量で聞くとめちゃくちゃ不安な気持ちに駆り立てられます
不快というか、怖いというか、心がざわざわする感じでちょっと苦手。

だけどこの音楽の効果によって、映画の登場人物たちが抱く未知の生物との接触を図る不安感にぐーっと接近させられます。
これがなんともすごい。
実際、アカデミー賞では「音響編集賞」を受賞していたそうです。とっても納得。


宇宙船への入り方は何ともSFっぽくてドキドキさせられるし、
宇宙人何言ってるのかうめき声みたいでさっぱり分かんないよどうすればいいんだー!とか、
どうやって意思疎通を図ればいいんだー!とか、一気に感情移入させられます


そして文字を使っての彼等との意思疎通の糸口が見え始めたとき、見ている側も達成感を味わえます。

また、宇宙人ヘプタポッドの使う文字、ヘプタポッド文字もなんとも神秘的
まるで書道家のような、アート性があります。


ていうか宇宙船もヘプタポッド文字もあんなに神秘的な形態をしているのに、
なぜか等のヘプタポッド自身はかなーり古典的な形態をしています・・・なんだか残念w


彼らがどんな目的で地球へやってきているのか気になり、時間が気にならないくらいあっという間に物語が進行していきます。


が、彼らの目的が分かる前後からラストまでは、どうにも展開が早くて、意外性も大きくて、ついていくのが大変だったのは私だけではないのではないでしょうか・・・


そして、ヘプタポッドと接触していくうちにルイーズにある変化が訪れるのですが、それを全て受け入れようとする彼女にどうしても共感ができませんでした。
途中はすごい面白かったのですが、最後でもやっとしてしまい、でも改めてあれはどういうことだったんだろう、何を伝えたかったんだろう、と終わってから考えてみるとやっぱり興味深くて面白い、そんな映画でした。
ただ、やっぱり私は共感はできないんですけどね。


SF的な世界観が好きな人には是非とも一度見てもらいたい映画です。


考察と感想(ネタバレあり)

※以下ネタバレを含みます。

続きを読む

時空研究所シリーズ『2099年からの脱出』は安定の楽しさだった

こんばんは、白乃もかこです。


前回から時間があいたものの、3買い連続の脱出ゲームのレポ。
それだけゴールデンウイーク付近に行きまくってたってことですね笑

今回いってきたのは『時空研究所シリーズvol.2 2099年から脱出』です!

『時空研究所シリーズvol.2 2099年からの脱出』

アジトオブスクラップ 東新宿 GUNKAN | <東新宿>時空研究所シリーズ vol.2「2099年からの脱出」

ストーリー

あなたが迷い込んでしまったのは
時空研究所という怪しげな施設。 そこに足を踏み入れるやいなや
バタンと大きな音を立てて、入り口のドアは閉ざされてしまった。
そして無機質な声が部屋に響き渡る。

「タイムマシーンが起動します。2099年へ移動します」

目の前が真っ白になったかと思うと、
一瞬のうちにさっきまではいなかったはずの謎の人物と
見たこともない不思議なアイテムの数々が現れていた。

もしかして、ここは本当に未来の世界なのだろうか......。

あなたは博士の発明品を駆使して、未来の謎を解き明かし
2099年から現代へと戻ることができるだろうか。

f:id:shiro_mokako:20170521010318j:plain

以前アジトオブスクラップ東新宿で開催されていた『時空研究所からの脱出』の第二弾です。
同じくアジトオブスクラップ東新宿で今年の2月より公演がスタートしたルーム型の脱出ゲームです。



私が脱出ゲームに猛烈にはまるきっかけになったのがこの『時空研究所からの脱出』だったので思い入れも深め。
かなり楽しいコンセプトだったのですが、通常脱出ゲームは2回目の参加はできない・・・!あの面白さを二度と味わえない・・・!というジレンマがあります。
しかし第2弾ということでストーリーも謎も一新!また楽しめる!!ということでシリーズ化はかなり嬉しかったです!

時空研究所に限らず人気なシリーズはvol.2、vol.3とどんどんシリーズをつなげていってほしいですね。


いつも通りのメンバーで参加してきました!


結果

今回の結果は・・・脱出成功!!!


二回連続は嬉しい珍しい笑
最初のシリーズも脱出成功してたし。


第一弾の時空研究所をやっていれば、どういう風に行動すればよいか、直感的に分かりやすいかもしれません。
もちろんやっていなくてもそれほど問題はないと思うのですが!

また、第一弾の『時空研究所からの脱出』と同じ部屋でやっているらしく、前作もやっている人にとっては見覚えのある家具もちらほらあってニヤリ。


タイトルとストーリーから分かる通り、タイムスリップものなので、それを上手く駆使して謎を解いていくことになります。
この独特な謎解き感がとっても面白い!

ルーム型なので、スタッフさんとのコミュニケーションもやっぱり面白い。


ちょっぴり残念なのが閉じ込められるまでのストーリーがなんだか解せない・・・w


まとめ

vol.2みたいなシリーズ物は、最初のシリーズをやっていないと「やっても大丈夫かな・・・」と心配になる人もいると思うのですが、
ストーリー的な繋がりは一切なく、似たようなコンセプトというだけなので心配無用です。

最初のシリーズをやったことある人にもない人にもおすすめしたい!!!

今後もvol.3、vol.4とどんどんシリーズ化を進めていってほしい公演です。



チケットは
一般 : 前売券 3,000円 / 当日券 3,500円

アジトオブスクラップ東新宿では複数の公演を週替わりで実施しているのでチケットを購入する際は公式HPを要チェック!

アジトオブスクラップ 東新宿 GUNKAN

先日紹介した『エイリアン研究所からの脱出』もこちらで開催しています。
www.mochanism.com



ちなみにvol.1にあたる時空研究所シリーズは現在休演中。
別のところでやるかもしれないし、東新宿でこの先リバイバルの可能性もある、かもしれないそうです。


他の脱出ゲームについての記事はこちら
www.mochanism.com
www.mochanism.com
www.mochanism.com

Q Posketでディズニープリンセスのプチバージョンが登場!第1弾開封レポ。

こんばんは、白乃もかこです。


一週間くらい前からいつもQ Posketディズニープリンセスシリーズのプチバージョンが登場しました!

vol.1として登場したのは
『塔の上のラプンツェル』よりラプンツェル
『アラジン』よりジャスミン
『プリンセスと魔法のキス』よりティアナ
の、3人のプリンセス!

正直ティアナに関しては見たことも聞いたこともありませんでした…
知名度自体低めだと思うんですが、ここで投入してくるのはちょっと意外。
とはいえ映画の公開は2010年だったようなので比較的新しいキャラクターなんですね。
普段スポットがなかなか当たらないプリンセスを再発掘!って感じでしょうか。

f:id:shiro_mokako:20170517230854j:plain

で、いつも通りゲットしてきました。

小さい箱なので、がっつりクレーンのアームをひっかける輪っかがついてます…

f:id:shiro_mokako:20170517230911j:plain

セロハンテープではりついていたのでジャスミンの箱は表面の印刷がとれてしまいました…

ラプンツェルだけは他のお店でとりましたがこちらはかなりはがしやすいセロハンテープだったのでかなり綺麗はがれました! どのお店もこのテープで貼って欲しい。

ちなみにセロハンテープを使わずこの輪っかに付属してる両面テープで貼り付けられてるやつは、粘着力が強いため剥がした後箱がボコボコになります。
箱も保存したい人は避けた方が賢明。

そして開封してみたのがこちら。

f:id:shiro_mokako:20170517230939j:plain

ラプンツェルは組立不要ですねwこの髪の長さだとこうなるのか・・・

組み立ててみたのがこちら。

f:id:shiro_mokako:20170517095831j:plain
これまででていたフィギュアのサイズと比べると
f:id:shiro_mokako:20170517123103j:plain
半分くらいの可愛いミニサイズになってます。

上から。
f:id:shiro_mokako:20170517123154j:plain


3体いるので1体ずつぐるっと眺め回してみます!

ラプンツェル

f:id:shiro_mokako:20170517195249j:plain
ながーい髪がラプンツェル自体をぐるっと囲んでいます。
ラプンツェルじゃないとできない造形ですね笑
後ろから見ると一体なんのフィギュアなのか分からなくなりそうですが…

表情もなかなかやんちゃっぽくってラプンツェルらしくて可愛い!
ラプンツェルは6月に大きな(通常)サイズででもフィギュアが登場しますが、そちらは髪を結ってあるバージョンなので全く違う雰囲気になってます。

ジャスミン

f:id:shiro_mokako:20170517195402j:plain
Q Posketシリーズで褐色の肌の子がデザインされるのは初めてかも。
シンプルな服装ながらプリンセスの気品が感じられます。
三頭身にされてもきゅっとくびれた腰でナイススタイルですね!
大きな頭とはアンバランスかと思いきやめちゃくちゃ可愛いです。

ジャスミンは当初はおそらく予定されていなかったであろう大きなサイズのフィギュアも、
2月に行われていたプライズフェアによると8月に出ることが決まっているみたいなのでそちらもとっても楽しみ!

ティアナ

f:id:shiro_mokako:20170517195500j:plain
初めてみたプリンセスだったんですが、このドレスめちゃくちゃ可愛いですね!
ジャスミンと同じく褐色の肌ですが、初のアフリカ系アメリカ国籍のプリンセスだそうです。いろんなディズニープリンセスがいるんだなぁ。
手にジーニーみたいなカエルを持っていますが王子様なのだそうです。
日本語の題が『プリンセスと魔法のキス』で原題が『The Princess and the Frog』。
ちょっぴりどんな話なのか、想像がつきそうですね笑

ちなみにちらっと足が見えていますが
f:id:shiro_mokako:20170517130550j:plain
ちゃんとドレスの中から生えてます!それにしてもちょっとキツそうな座り方してますが笑

まとめ

いつもと違って小さいサイズのフィギュアですが、Q Posketのかわいらしさはそのままにサイズまで可愛らしくなっていました!
ただ、私的にはやっぱり大きいサイズの方が艶感とかドール感が感じられて好きです。
プチバージョンももちろん全種類集めていきますが!

ちなみにプライズフェア(年に4回行われている、今後クレーンゲームで登場予定の景品展示会)での情報では、
vol.2が6月に登場予定でキャラクターはアリエルとシンデレラとポカホンタス。
vol.3が7月に登場予定でキャラクターはベルとラプンツェル(色違いver)とムーラン。
vol.4が8月に登場予定でキャラクターはオーロラ姫とアリエル(色違いver)と白雪姫。

だそうです!毎月忙しいですね・・・・!


個人的にはプリンセスじゃないですが大きいのも小さいのもティンカーベルが出てほしい!今後のラインナップにも期待です!


www.mochanism.com

『エイリアン研究所からの脱出』に参加!やっぱりルーム型は楽しい!

こんにちは、白乃もかこです。


今日は昨日に引き続き脱出ゲームのご紹介!
というよりここ最近立て続けに脱出ゲーム参加してます。


今回参加してきたのは『エイリアン研究所からの脱出』


久しぶりのルーム型脱出に大興奮!!

ルーム型脱出って?

まず初めに、ルーム型脱出とは何か、というところから。

これまでこのブログではホール型脱出のご紹介ばっかりでした。

ホール型脱出は、少し大きめの会場で複数のチームが同時に参加するタイプ。
1チーム6名程度でテーブルを囲み、謎を解いて脱出(というよりクリア)します。


一方ルーム型脱出は、1つの会場に1グループのみ。1グループは6名~10名程度で、
本当に密室に閉じ込められます。


ホール型は他にも参加チームがたくさんあるので密室度、「脱出ゲーム」という雰囲気度は低めなんですが、
ルーム型は本当に密室なのでまさに脱出ゲームという感じ!



ホール型の中でも「狭い檻の中に本当に閉じ込められる」という『アルバトロスからの脱出』は密室度高めですが。
www.mochanism.com

脱出ゲームの雰囲気を味わいたいのであれば、ルーム型が断然おすすめなのです!!

『エイリアン研究所からの脱出』

アジトオブスクラップ 東新宿 GUNKAN | <東新宿>エイリアン研究所からの脱出

ストーリー
あなたは、世界で初めてエイリアンを捕獲したという研究所に来ていた。
安全かと思われていた見学ツアー、しかし突如として警報が鳴り響く。
「緊急警報、研究所のエイリアンが意識を取り戻し、攻撃を始めています。至急研究所から脱出してください!」
壁一枚向こうからは、悲鳴と衝撃音が聞こえる...。絶体絶命の状況。
そこに、一本の通信が入る。
「こちらリドリー、生存者はいますか!?」

どうやら唯一の希望は、この通信システムのようだ。
あなたはリドリーと協力し、この研究所から脱出することができるだろうか?

唯一の希望は「通信システム」。

f:id:shiro_mokako:20170521010550j:plain

そして、ポスターや今回購入したステッカーには
「リアル通信ゲーム」と書かれてます。

今回の脱出ゲームは、「リアル脱出ゲーム」だけではなく、リアル通信ゲームでもあるのです!!


今回参加したのはアジトオブスクラップ東新宿。

新宿からも歩いて行けますが15分くらいかかります。
都営大江戸線や副都心線の東新宿からは徒歩2分と駅チカです。

が、こちらの会場、他の道玄坂や横浜などよりも、入り口が分かりずらい・・・!!

ちょっと入り口が奥まった雑居ビルの3、4階なんです!アジト感あふれてますが!


あまり分かりやすい看板等は出ていないので、HPの説明文を見ていった方がいいです。


いつものことですが、よく行く脱出ゲームメンバーで10人そろって行ってきましたー!


結果


結果は・・・・・脱出成功!!!!!

いやー、今回は脱出の達成感が半端ないです!
しかも7分ほど時間残して脱出できました!


まぁ私ほとんど活躍できなかったんですがね!!!!


ルーム型は密室空間の部屋中をすみずみまで探索することになるのですが、今回はちょっぴり探索がたりませんでした。

えっ、こんなところに!!?というような場所にいろいろな謎やアイテムが隠されています。


あとルーム型の面白いところとして、スタッフの方とのコミュニケーションが多め!

ホール型よりもルーム型はストーリー性があるものが多くて、スタッフの方とのコミュニケーションが大切になる場面が多いんですが、
今回は「リアル通信ゲーム」ということなので、特にコミュニケーションがとっても重要でした!

あんまり詳しく書くとネタバレになってしまうので書けませんが・・・


「通信システム」という要素を忘れずに覚えておくことが大事です。
(脱出ゲームはじまったらちょっと忘れてしまっていた)


ちなみに捕獲されたというエイリアンは、怖すぎて見れませんでした。。。

まとめ

とにかくいろいろひっくるめて、ルーム型はめちゃくちゃ楽しいです。脱出感がとっても高いですし!
10人集められるなら、知り合い10人で行くのがおすすめ!

知らない人と謎解きをすることにはなりますが、もちろん一人や二人でも参加できるし楽しいですよー!


チケットは
一般 : 前売券 3,000円 / 当日券 3,500円
だそうです。

アジトオブスクラップ東新宿では複数の公演を週替わりで実施しているのでチケットを購入する際は公式HPを要チェック!
でもどの公演もとっても面白いですよ!

アジトオブスクラップ 東新宿 GUNKAN

『ある牢獄からの脱出シリーズ』はまだ行けてないので是非とも参加したい・・・
そして『うだつのあがらない勇者からの脱出』というなかなか気になるタイトルは6月11日まで。こちらも終わる前に参加したい!!


他の脱出ゲームについての記事はこちら
www.mochanism.com
www.mochanism.com
www.mochanism.com

『カジノロワイヤルからの脱出』は運がなかったけど楽しさいっぱいだった

こんばんは、白乃もかこです。


ちょっぴりご無沙汰だった脱出ゲームに、この前また行ってきました!
今回挑戦したのは、、、


カジノロワイヤルからの脱出!!

f:id:shiro_mokako:20170504213852j:plain

『カジノロワイヤルからの脱出』

realdgame.jp

ストーリー

世界屈指のギャンブラー達が集まる秘密の闇カジノ、クラブロワイヤル。

勝者には莫大な富が、そして敗者には屈辱と絶望が与えられる。
このカジノは特別だ。
運だけではなく、戦略、度胸、そしてなにより謎解き力が必要だ。
今宵は、オーナーであるMr.スクラッピーノによるスペシャル・ゲームが開催される特別な日。

「さあて、ゲームをはじめよう。このカジノ・ゲームで我々に勝つ事ができたらあなたは世界中が羨む富を手に入れることができるだろう。ただし、賭けてもらうのは...あなたの命だ。」

あなたは世界中から集められたトップギャンブラーの一人。
どうやらあなたは、とんでもないゲームに挑戦してしまったようだ。

さああなたはこのカジノに仕掛けられたさまざまな謎や罠を潜り抜け、見事巨万の富を手にすることができるだろうか?

※このイベントは、脱出するために運も味方につける必要がある、謎解きゲームイベントです。


以前記事を書いた『マジック・ショーからの脱出』や『オークション会場からの脱出』と同じく、過去の公演のリバイバルです。

というより最近リバイバルばっかり行ってますね・・・

私が脱出に頻繁に行き始めたのは1年半くらい前からなので、こうやって過去の人気公演に参加できるのはとても嬉しい!



カジノロワイヤルからの脱出のストーリー説明文は「運も味方につける」という気になる言葉が・・・。


脱出ゲームは普通「謎解き力」で謎を解き進めます。もちろんですが。
たまに「なんか適当にそれっぽい言葉あてはめてたらとけちゃった!」ってこともあるけどね。


しかし今回は明らかに「運」も必要な模様!!!!


そしてカジノロワイヤルからの脱出の公式HPを見ると分かるのですが、、、

普段の公演とは違い、「ランキング」が表示されています。

脱出ゲーム内で行われるスペシャルゲームにおいてより多くの金額を稼いだチームが掲載されているようです。

現在(5月4日時点)の1位は975,000 S。2位は935,000 S。3位は532,500 S。


2位と3位の差がめちゃくちゃ大きいのですが・・・

今回のテーマは「カジノ」なのでスペシャルゲーム=カジノで多額の金額を稼ぐのに「運」が必要になるようですね!



今回参加したのは渋谷の道玄坂ヒミツキチラボでホール型脱出ゲーム。

1チーム6人で、一度に複数のグループが参加します。

今回もいつも通り、よく行く脱出ゲームチームで行ってきました。



テーマがカジノというだけあって、テーブルについた瞬間「脱出ゲームじゃなくてカジノバーに間違えてきちゃったかも」って思っちゃうぐらい、
カジノの雰囲気になっています!!!


一番の特徴は・・・・ネタバレになってしまうので言えませんが、他のホール型脱出ゲームにはあまりない要素がたくさん!!!

ちょこっとだけいうと、ホール型では少なめなコミュニケーション要素が、カジノロワイヤルからの脱出では多めです。



ゲームが始まってからのイントロでも、謎を解き終わったエンディングでも、カジノロワイヤルらしいドキドキな演出があります!!!


結果とまとめ

結果は・・・・・・今回も、脱出、失敗しました・・・・




一番の敗因は「運を味方につけられなかったこと」です笑



本当に本当にあとちょっとだったんですが、謎もギリギリ最後まで解けなかったのですが、運さえあったら脱出できたのに・・・・というところでした・・・・



参加する際は、運の良い友達を一人でも連れていくことをおすすめします笑


ただ、運は全然なかったですが、エンディングのおかげでいつもほど残念さが残りませんでした。ありがとうございます笑



実際に参加するとわかるのですが、ランキング1位2位の900,000S越えはめちゃくちゃ途方もないです。運が良すぎるすごすぎる。
ただ運だけではあそこまでの金額は稼げないので、謎を素早く解く力も必要となります。

「運だけではなく、戦略、度胸、そしてなにより謎解き力が必要」っていうのは間違いない。



道玄坂のヒミツキチラボでの公演は2017年3月24日(金)から6月11日(日)まで。
f:id:shiro_mokako:20170504213852j:plain
前売一般:3,000円
前売学生:2,500円
グループチケット:17,400円
当日一律:3,500円

だそうです。


このゴールデンウィークはもうほとんどチケットが埋まっているみたいですが・・・連休中のお出かけに脱出ゲームはとってもおすすめです!


チケット売り切れてる、とか初心者だから不安、、とかデートだから二人で楽しみたい、という人には下北沢謎解き街歩きが良いかも。
realdgame.jp

私も気になりつつまだ行けてないのですが、面白そうですよね!5月中にはチャレンジしたいと思います。


以前参加した脱出ゲーム
www.mochanism.com
www.mochanism.com
www.mochanism.com

Q posketのベルとシンデレラ開封!ボリュームたっぷりのドレスが素敵!

こんばんは、白乃もかこです。


以前から、バンプレストさんより発売しているゲームセンター専用景品の、Q posketディズニープリンセスシリーズの開封レビュー記事を書いてるのですが、
今回も書きたいと思います♪

ちなみにQ posketは、ブライス人形に似た、頭が大きくて体が小さく、目が大きくてくりっくりで、ぷっくりほっぺが特徴的なフィギュアシリーズ。


ちなみにアリス、アリエル、白雪姫の開封記事はこちら。

www.mochanism.com
www.mochanism.com

シンデレラが登場したときは忙しくて書けなかったので、1週間前から登場してるベルと一緒にご紹介!

シンデレラ開封

今回のシンデレラも今までと同様に、ノーマルカラーとパステルなスペシャルカラーの両方をゲット!

毎度のことながら、箱も世界観を意識した作りでかわいらしい!

f:id:shiro_mokako:20170429093817j:plain

開封したものがこちら!

f:id:shiro_mokako:20170429093818j:plain

ノーマルカラーはビビッドな感じですが、パステルカラーの方はふわっとしていて可愛らしい。

ちなみに、お気づきでしょうか、、、

なんと今回のシンデレラ、首の向きをかなり自由に調整できちゃう隠れ機能が搭載(!?)されてます!

いままでのアリスやアリエルは髪型の影響もあり首は動かせなかったのですが、このシンデレラ、360度かなり自由に動かせます…

ノーマルとパステル、色だけではなく首の傾きからも、ちょっと表情が違って見えますよね。

左は愛らしく乙女チックですが、右は高貴でプリンセスとしての気品が際だっているような首の角度になってる気がします。

横から見るとこんな感じ。
f:id:shiro_mokako:20170429093821j:plain

後ろから。。
f:id:shiro_mokako:20170429093829j:plain
ドレスにボリュームがあって、また持ち上げたドレスのすそには動きがあって可愛らしい。
0時の鐘がなって慌てて走り出す5秒前って感じ。

上から。
f:id:shiro_mokako:20170429093823j:plain

そして足下。

翻るドレスからガラスの靴が見えています。
f:id:shiro_mokako:20170429093819j:plain
ちなみに禁断のドレスの中は・・・

f:id:shiro_mokako:20170429093820j:plain
カボチャパンツ!!!

プリンセスのスカートの中を覗くなんて!!!
って怒られてしまいそうですが、まさにディズニーのプリンセスって感じ!

ベル開封

今、実写映画の公開で話題の、『美女と野獣』に出てくるプリンセス、ベル!
このゴールデンウイークに見に行く方も多いのでは。

映画の影響もあり美女と野獣関連の景品が最近増えてますが、それに併せてベルも4月に登場です!

まずは箱から。
f:id:shiro_mokako:20170429093816j:plain
ちなみに今回、2つ合計2,000円でゲットできました、、、!優秀!(自我自賛)

開封するとこちら。

f:id:shiro_mokako:20170429093825j:plain

ベルもシンデレラほどではないですが、首の位置を調整できるので二つ違う角度で撮ってみました。

ノーマルはドレスの飾り部分が金コーティングされてて豪華な雰囲気。
一方パステルは色の変化が少なくてふわっとしてますね。

正直、最初写真を見たときはベルのこの表情好きじゃなかったんですが、、、
実物を見ると思った以上に可愛らしい!

後ろはこんな感じ。
f:id:shiro_mokako:20170429093828j:plain

上から。
f:id:shiro_mokako:20170429093830j:plain

下から。。。。!?
f:id:shiro_mokako:20170429093824j:plain

なんと、台座にささりません。
スカートの中も覗けません笑

ものすごいボリュームのドレスですね、、カーネーションみたいになってます。


これのおかげでものすごい安定感なので台座に固定しなくても倒れることはないのですが、台座とバラバラになるのは嫌なので固定できるようにしてほしかった。

シンデレラとは異なり動きのある造形ではないのですが、、

f:id:shiro_mokako:20170429093827j:plain
この腰のくびれと胸元のセクシーさ!

f:id:shiro_mokako:20170429093826j:plain
そして横からの背中の肩甲骨と胸元のセクシーなすきまのチラリズム!

大人の魅力も感じられます!
さすが、『美女』とタイトルに銘打たれるだけありますね、、、

まとめ

最後にこれまで登場したプリンセスみんなで♪
f:id:shiro_mokako:20170429192518j:plain

これまで登場したプリンセスはみんな、少女的な無邪気さや可愛らしさが強いプリンセスたちでしたが、
今回のシンデレラとベルは、足下までのロングドレスやチラッと見えるセクシーさなど、可愛らしいQ posketデザインでありながらも気品にあふれててとっても素敵!

最後のプリンセスは6月頃のラプンツェル!
ラプンツェルが一番好きで期待していたので、今からとっても楽しみです!


以前登場していたアリスや白雪姫は最近スペシャルカラーで再登場していますり
以前のバージョンが最初登場した頃は、まだ今ほど認知度がなく入荷しているお店や数が少なかったのですが、最近はだいぶ人気が高くなってきたので入っているお店も多かったようです。

アリスはかなり人気が高くもうないお店も多いようですが、まだ残っているところもあるかも・・・・
ドレスのスカート部分がグラデーションになり、全体的に艶感が出ています。また、キャラクターに合わせたワンポイントデザインがスカート部分に足されています。


5月はアリエルとシンデレラのスペシャルカラーが登場するので、最近知った!という方はこちらのバージョンを集めても良いかも♪

また5月からはプチバージョンのQ posketプリンセスシリーズも登場!
こちらではラプンツェル、『アラジン』のジャスミン、『プリンセスと魔法のキス』のティアナ(珍しい!)が第一弾として登場するそうです!

【旅行記】3月の沖縄、3日目の正直と絶景古宇利島

こんばんは、白乃もかこです。

毎度間が空いてしまってますが、3月の沖縄旅行の続き、3日目最終日のお話!


ちなみに1日目と2日目はこちら。

www.mochanism.com
www.mochanism.com


1日目は曇り(寒い)

2日目は雨(もっと寒い)

と、めちゃくちゃ天気に恵まれなかったこれまで、、、、


3日目も雨の予報だったんですが、2日目の夕方ごろから実は天気が少しずつ回復してきていて・・・・



なんと3日目、晴れました!!!!!!


もはや晴れの沖縄を諦めてたのですがついに!!!!


3日目にして真の沖縄を満喫してきました!!!!!

古宇利島

いざ出発!の前に。

昨日までより気温がプラス10度くらい上昇!日差しもかなり強く、ホテルの近くのドラッグストアの開店待ちをして真っ先に日焼け止めを買いました笑
ほんと昨日までの天気が嘘みたいだ・・・・


そして真の沖縄を楽しむべく沖縄県北部にある古宇利島へ!!

島、と名がつくくらいなので、沖縄本土とはちょっぴり離れた小島なのですが、
なんと、この島まで橋を渡って車で行けちゃうんです。

しかもこの橋からの景色が・・・・

f:id:shiro_mokako:20170423235544j:plain

絶景!!!
エメラルドグリーンの海が素敵すぎて、わき見運転で事故する人がいないか不安になるレベルです・・・!!!

f:id:shiro_mokako:20170423235229j:plain

水も透明度が高く、サンゴ礁まで見えます!



橋を渡り終わると古宇利ビーチがあり、車を止めるスペースや軽食をとれる場所があります。

f:id:shiro_mokako:20170423230904j:plain

そのビーチからみた景色がこんな感じ。
ここも十分素敵なビーチで、ここで遊んで帰るのもいいですが、古宇利島内は他にもビーチがあるので、そちらへ行ってみるのもおすすめ。
ほぼ一本道で島全体をぐるっと5~10分で回れる道があります。

ティーヌ浜(ハートロック)

私たちは橋のある古宇利ビーチとほぼ島の反対側にあるティーヌ浜へ。

駐車場代で300円払いますが、シャワーや足の砂を洗い流せる水道、鏡などついてて充実している仮設トイレなどがあるので迷わず活用しましょう。
(300円って聞いた途端引き返す車が多くてびっくりしました・・・払う価値ちゃんとある場所だよ!!)


駐車場に車を止めてティーヌ浜の方へ。


浜辺までは背の高い草が生えた小道を進みます。
f:id:shiro_mokako:20170425234650j:plain
かなり急な箇所があるので、お年寄りや子連れの方は注意が必要です。

そしてその道を抜けると・・・

f:id:shiro_mokako:20170423232123j:plain

ビーチだ!!!!!!!!


そう!!!!この沖縄を待っていたんだ!!!!!!!


しかもこのビーチ、ハートロックとよばれるハートの形をした岩があるんです!
綺麗に水面上に浮き出ていて、ハートにしか見えないんですが、実はこれ、一つの岩ではなくて・・・

f:id:shiro_mokako:20170423230953j:plain

二つの岩が重なっているんです!!!

それぞれの岩もハートっぽく見えるんですが、重なるとよりハートっぽさが強まりますね!


横からみるとこんな感じ。

f:id:shiro_mokako:20170423230810j:plain

それにしても海の透明度がすごくて本当にきれいです。関東の海では考えられないほどの綺麗さ。

f:id:shiro_mokako:20170423232337j:plain

ちなみにビーチはさっらさらの砂浜なんですが、両脇は岩場になってます。
潮が引いてればちょっぴりあるけるんですが、足元がふらついて転んで、この時にカメラのレンズにちょっと海水が入ってしばらくカメラが使えなくなりました笑

f:id:shiro_mokako:20170425235743j:plain

こんな岩場も南国ならでは。


駐車場へ戻ったらブルーシールアイスの屋台?があったので食べました。
f:id:shiro_mokako:20170423231741j:plain
昨日までは寒さでアイス食べる気すらおきなかったんですが、暑い中青い海を眺めながら食べるアイスは格別ですね!!!

ちなみに駐車場にはヤギもいました。
f:id:shiro_mokako:20170423202253j:plain


美ら海水族館

沖縄旅行の定番!最後は美ら海水族館へ。

ただ、日曜日ということもあり、館内は人でかなーりごった返していました・・・
ほとんどの水槽にたくさんの人が常に貼りついており、ゆっくり見れず楽しみ切れなかったのがすこし残念・・・
f:id:shiro_mokako:20170423230657j:plain

やはり沖縄の水族館というだけあり、綺麗な熱帯のお魚がたくさん。
他の水族館ではあまり見ないものもいたような。


そしてなんといっても大水槽は迫力がありました。
f:id:shiro_mokako:20170423231109j:plain

巨大なジンベイザメやマンタが他の魚と一緒に悠々と泳いでる姿はいくら見ててもあきません。
f:id:shiro_mokako:20170423234921j:plain
エイの顔もめちゃくちゃかわいい・・・・


また、大水槽の近くにある危険ザメの水槽や、サメについての展示スペースはかなり面白かったです。
ジョーズなどの映画の印象から、サメってひたすら怖いイメージがあると思うのですが、見るとかなり印象変わりますよ!!!

ウミカジテラス

この日が沖縄最終日だったので沖縄北部から那覇へ戻り、2時間くらい時間に余裕があったので、空港のすぐ近くに2015年にできた長瀬島のウミカジテラスへ。
離島にできた地中海リゾート風のめちゃくちゃおしゃれなショッピング&レストラン施設で、海も綺麗で絶景。
特に夕日の綺麗さが有名なんだとか・・・

www.umikajiterrace.com

しかし、まだできたばかりだからか、かなり人気だったらしく・・・
長瀬島へ渡るための橋にウミカジテラスの駐車場に入る車、出る車の長蛇の列が・・・

道が一本の橋のみだからか周囲で大渋滞も起こっていました・・・


これは飛行機間に合うのか!!??と不安になり、駐車場の入り口にいるお兄さんに駐車場出てからも混んでるのか聞いたところ、

「出るまで2時間かかる」とのこと・・・


って、え!!???それって飛行機間に合わないんじゃ!!??

と思って慌てて駐車場に結局入らず、ウミカジテラスを諦めて空港に行くことに・・・


しかし、結果、15分足らずで出られちゃいました・・・


多分今思えば、ウミカジテラス内を一通り見て回って出るまで2時間ってことだったのかな、分かりにくいよ!!!笑


人気な夕日が見れる時間帯など、昼~夕方はかなり混んでいるらしいのですが、空港まで5分くらいの好アクセスな新おしゃれスポットですので、
気になる方は是非行ってみて下さい!

私は次回沖縄リベンジする際に必ず行きます笑


まとめ

今回初の沖縄旅で、最初は天気がひたすら悪かったのですが、その中でも思った以上に楽しむことができましたし、
なんといっても天気の良い、海か綺麗な沖縄は格別でした!!

これまで沖縄ってそこまで興味が実はなかったのですが、一度行ったら大好きになりました!

今回はあまりダイビングやシュノーケリングなどマリンスポーツを楽しみ切れなかったり、
行きたかったのに行けなかった青の洞窟やウミカジテラスなどリベンジしたい場所も多いので、また近いうちに旅行したいと思います!

の前に、次は宮古島とかかな・・・笑